FC2ブログ

Entries

ハートキャッチプリキュア18話

今週のハートキャッチ
今回はかなり気合の入ったギャグ回

クラスの皆から恐れられているバンくん
バンくんの一睨みで教室が凍りつく
あのえりかですら恐れおののくほどの眼光!
それもそのはず!
彼はあの!(どの?)大番長さえも退けた豪傑!!
伝説の番長なのだ!!
BIG大番町(びっぐおおばんちょうと読む)
てかなんだこのノリ
何のアニメだ??

HP18-1
しかし、転校生のつぼみには番長のメンチビームは通用しない
眼鏡のせいか?はたまた、危機感知能力が欠如しているのか?
能天気なつぼみはえりかを引きつれバンくんに急接近!!
えりかとつぼみはこのまま番長の餌食になってしまうのか!?

HP18-4
拳で語り合った(感じになってる)つぼみ&えりかと番長
話てみると実は、単に異状に目つきが悪いだけで優しい人だった番長
しかも、可愛いもの好きで漫画好きの漫画描き
番長はただいま懸賞応募のためプリキュアの漫画を執筆中
この漫画、プリキュアの正体を知っているのでは?と疑いたくなるほどの再現度が高い
そのことについて一切気にしてない二人
きっと不思議光学フィルターでどうにかなっているのだろう

ママンに隠れて漫画を描いている漫画番長のお手伝いをすることに
てか、番長の話だったはずがいつの間にか島本和彦的漫画道になっている!?
益々何の話かわからなくなってきた
HP18-2
それにしても、この漫画的表現フリクリを思い出す
きっとバクマンアニメ版で多用されるのだろうな

えりか宅にて執筆中の三人のもとに、番長ママンが尋ねてきて漫画のことがばれてしまう
ママンに嘘をついていた自責の念から凹んでしまう番長
番長は現れたクモジャキーにより、デザトリアン化さてしまう
なぜか武器にされて偉そうで満足げなクモジャキー
最近コブラージャの変体ぷりばかり目立っていたが、やっぱこの人も十分変です
HP18-3
先週のゆりっぺのおかげか、今回ブロッサムがやたら凛々しい
二人で合体攻撃仕掛けたりと、何気に戦いなれてきた二人
彼女たちも彼女たちなり成長してきているのだろう、今後の成長が楽しみだ
ママンに嘘をついたことで自責の念にとらわれた番長をクモジャキーは弱いという
ブロッサムはそれを優しさだという
本当の強さは優しさに宿るのだと
凛々しいせいかいつもより説得力が増して聞こえる
これも二人の成長の現れかね

なんやかんやあって浄化された番長は、ママンに漫画を描いていることと漫画家になりたいという夢を打ち明ける
ママンは子供の夢を応援しない親はいませんと番長の夢を応援してくれました

誰かのために自分の思いを殺すのは優しさかもしれない
でも、大切な思いがあるなら、時には思いを打ち明ける強さも必要なのです
ウジウジしている奴に熱い漫画はかけないという、クモジャキーの言葉もあながち間違いではないのだろう
優しさと強さの両方が必要なのですと
大切なのはその強さの在り方なのだろうけど
優しさあってこその強さが必要なのですっていう今回のお話でした
なにはともあれ、めでたしめでたし

次回はスーパーえりかタイム
えりかとカメラマンのパパのお話
楽しみだ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://killfebon.blog73.fc2.com/tb.php/4-dd31b695

1件のトラックバック

[T1] 熱血死すとも島本は死せず。「ハートキャッチプリキュア」

ちらちらと仄聞した限りでは前評判の高い回でしたが、まさかここまで徹底的に島本イズムを賛美した内容になろうとは。半端でなく見上げたものです。  燃えている燃えている。アニメが混迷の季節を迎えていても、ペンへの熱い情熱は決して消失してはいない。その証...

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます